医院紹介

院長ごあいさつ

平成15年1月の開院以来、15年が経ちました。
これからも初心に立ち帰り、感謝の気持ちを忘れず、患者さまに優しい、丁寧な医療を実践します。
また、近隣の諸医療機関と緊密な連携をとりつつ、
微力ながら地域医療への貢献に全力を尽くして参ります。
鈴鹿クリニック院長 早川 弘輝

患者さまにやさしい丁寧な医療

当院は、一人ひとりの患者さまやそのご家族に寄り添って、病気の予防から診断・治療とその後のケアまで、適切な処置を行いながら一緒に歩んでいく医療の提供を目指しています。日帰り手術も、できる限り安全に、苦痛を伴わないように心がけながら、患者さまの体や心の負担が少ない形で丁寧な手術を行っています。当院の院長は、外科を専門に選び、クリニック開業後は、内科も含め、その技術向上のために学会や研究会に積極的に参加し、最新の医療を学びながら日々研鑽を積んでいます。医療の道を志した当初からの情熱で、外科措置が必要な患者さまには適切な外科治療をご提供しながら、内科的な疾患で悩まれている患者さまに対しても地域密着型のクリニックとして総合的なケアをするという現在の診療形態へと繋がっています。さらに訪問診療や介護施設の運営など、幅広い面から地域の方々の健康的な暮らしを継続的にサポートしています。

看護師・スタッフの役割

患者さまの健康を守るために、当院では優秀な看護師とスタッフが医師の診療をしっかりと支えております。クリニック内では定期的にミーティングを行い、患者さまのニーズに沿った診療や看護について話し合って、スタッフ全員で必要な知識と情報を共有するように心がけています。医師と看護師の間はもちろん、看護師間のコミュニケーションも、良い雰囲気の中でスピーディで正確な診療を進めることにも留意しておあます。日帰り手術のコーディネーターであるDSコーディネーターの研修を受けたスタッフと供に、患者さまが安心して手術を受けられるよう体制を整えております。

経歴

  三重大学医学部卒業(1990年)
  三重大学院博士課程終了
第一外科・胸部外科 三重大学医学部付属病院
外科 市立伊勢総合病院
外科 松阪市民病院
外科 名古屋記念病院
外科 鈴鹿回生病院を経て開院

資格

専門医 日本外科学会 
専門医 日本消化器病学会
指導医 日本消化器外科学会 
脈管専門医 日本脈管学会
認定医 日本プライマリーケア学会
所属 日本大腸肛門病学会
  下肢静脈瘤血管内焼灼術実施医・指導医

関連論文はこちら

アクセス・診療時間

アクセス

住所 〒519-0323
三重県鈴鹿市伊船町2229-8
電話番号 059-371-6800
最寄駅 ・東名阪自動車道 鈴鹿インターチェンジより東へ車で約4分
・鈴鹿ベルシティより西へ車で約10分 (F1マート伊船店と24時間セルフガソリンスタンドの信号の南東200m、田園の中のドーム状の建物)

診療時間

 日・祝
8:30-12:00
15:30-19:00

※休診日:木曜、日曜、祝日
※木曜は訪問診療を行っています

※月火水、金土曜の診療直後からは手術などを行っています

 

当院のあゆみ

2003年1月 リハビリ施設を充実し、休日・夜間でも可能な限り対応できる、内科・外科を統合した総合的かかりつけ医をめざし開院
2004年7月 ヘリカル(連続らせん状)CTを導入
同年9月 県下で最初に経鼻胃内視鏡を導入
2005年9月 電子カルテ(ダイナミクス)を導入
同年10月 大腸電子内視鏡を導入
2007年1月 電子ファイリングシステム(RS_Base)を導入
同年11月 レセプトオンライン請求開始(官報告示)
2008年1月 予約制導入。当日でも診療時間内電話予約可(TEL.059-371-6800)
2009年6月 デイサービス悠々、居宅介護支援事業所併設(TEL.059-371-6500)
2010年11月 院外処方へ(いふな薬局 TEL.059-371-6667)
2012年4月 グループホーム悠々併設(TEL.059-371-8100)
2015年1月 高周ラジオ波下肢静脈治療器venefit 導入

院内設備の紹介

  • ラジオ波(高周波)下肢静脈瘤治療機器「Venefit」

    下肢静脈瘤を治療するためには、足の静脈の逆流を止める必要があります。その際にラジオ波(高周波)を使うか、レーザーを使うかという選択肢があり、いずれも保険適用されていますが、当院ではラジオ波による治療機器「Venefit」を導入して治療を行っています。ラジオ波は電子レンジと同じ原理のエネルギーで、静脈瘤をラジオ波で焼灼することによって改善を図ることができます。逆流を起こしている血管をラジオ波の熱で閉塞させる手術法は、痛みが少なく、安全性も高いことから多くの医院で取り入れられています。

  • ヘリカル(連続らせん状)CT

    CTとは、患者さまの周囲360度からX線を当て、その結果をコンピュータ処理することで断面像を見ることのできる検査です。従来のCTは観察したい部分にその都度位置を合わせて断面ごとに撮影する必要がありましたが、ヘリカルCTはベッドが移動しながら、その周りをセンサーが回転してX線を当てていくため、観察したい範囲を一気に撮影することができ、時間を短縮できます。当院で行うCT撮影は事前の予約が不要で、検査結果もすぐにお伝えできます。

  • 経鼻内視鏡

    カメラの付いた細くて軟らかい胃内視鏡(胃カメラ)を鼻から挿入し、食道や胃、十二指腸を調べるための機器です。口から挿入する内視鏡と異なり喉の奥にある舌のつけ根に触れないため、「オエッ」となる咽頭反射が抑えられ、ほとんど吐き気を感じることなく検査を行うことができます。検査中に会話ができることにより、苦しくないか、気になることはないかなど、その場でコミュニケーションを取りながら安心して検査を受けられることも経鼻内視鏡のメリットです。

  • 電子ファイリングシステム(RS_Base)

    患者さまのレントゲン写真や心電図、超音波検査、内視鏡検査などの画像を一元的に管理し、モニターで見ることが可能なシステムです。例えば下肢静脈瘤の手術で来院された患者さまに対しては、静脈瘤の状態や腫れ具合、術中の様子などを文章だけでなく写真にして残しておき、全てを一目瞭然の状態で管理することで、医院側でも正確に患者さまの静脈瘤の状態を把握し、必要な情報を直ちに探し出すことができます。このシステムを元に、患部の状態や治療の流れなどについて患者さまにわかりやすい形でしっかりと説明し、心から納得して治療や手術を受けていただくよう努めています。

空間・施設機器

日当りがよく明るい院内は、常に清潔を心がけています。

患者さまにゆったりと過ごしていただけるよう待合室、リハビリ室ともに広い空間をご用意しました。

広い駐車場も完備しています。

外観

待合室

受付

 

診察室

 

駐車場

リハビリ室

 

リハビリ機器(ウォーターベッド)

 

リハビリ機器(低周波治療器)

検査機器

CTスキャナー、超音波診断装置など、患者さまの健康を計るうえで必要な検査機器を各種取り揃えています。
下肢静脈瘤、大腸ポリープ切除術などの日帰り手術にも対応しています。

CTスキャナー

 

デジタルX線検査機器

 

デジタルX線検操作室

大腸ポリープ切除用電気メス

 

血管内焼灼用高周波治療機器

 

デイサービス悠々、グループホーム悠々を開設した経緯

往診で介護施設に伺う機会を重ねるうちに、介護している側の気持ちも理解したいという想いから、「デイサービス悠々(2009年)」「グループホーム悠々(2012年)」の開設に至りました。介護施設を利用・入所するということは、介護サービスの利用はもちろんのこと、看護や医療ケアを受けることが前提という方も少なくないため、介護と医療の連携を目指し、医療面だけで見るのではなく介護面からも見られるような試みを行っています。また、患者としてクリニックに通われている方が介護サービスを利用したり、逆に介護を利用されている方がクリニックで診療を受けたりというケースが増えており、お互いに支え合う形で、必要な方に必要に応じたケアサービスを総合的に提供しています。

お身体に
悩みを感じたら
お気軽にご相談ください

診療時間 8:00~12:00/15:30~19:00 TEL:059-371-6800 木曜・土曜午後・日曜・祝日休診  木曜は訪問診療
contact_tel_sp.jpg