大腸ポリープについて

大腸ポリープとはどのような病気か

大腸の内側にできた腫瘍を総称して大腸ポリープと呼んでいます。直径2cm以下のポリープであれば内視鏡で取ることができ、日帰り手術での対応が可能です。1cm以上になるとがんの確率が上がってくることを考慮して、5mm以上になったものは早めに取っておくことが大切です。ポリープには放置しても問題のない良性のものや、時間が経過するとがん化する悪性のものなどいくつかの種類があり、そのほとんどでは痛みなどの症状が起こることがありません。特に大腸腺腫という状態になったポリープは、放置すると増大してがんへと進行することが考えられるため早急な切除が必要です。 欧米ではクリーンコロン(全ての腺腫を切除した状態)を推進することにより大腸がんの死亡率が大幅に減ったといわれています。世界的にもポリープ切除による大腸がんの早期発見・早期治療の重要性が広く認識されています。

大腸ポリープの症状

大腸ポリープには自覚症状がほとんどないため、定期検診で見つけていくことが大切です。ポリープがある程度の大きさになると便が接触することで少しずつ出血することがあり、便潜血検査によって目で見てもわからないようなわずかな血液も含めて科学的に調べることができます。しかし正確な大腸内の観察とポリープの発見には内視鏡検査が欠かせません。

大腸ポリープ切除時の痛みについて

大腸の管の内側には痛みを感じる神経がないため、大腸ポリープ切除を行う時に痛みを感じることは通常ありません。大腸にできたポリープは、内視鏡の先端部から出るスネアと呼ばれる輪っか状のワイヤーをポリープに引っ掛け、徐々にスネアを締めていくことで切除しますが、もし違和感や少しの痛みを感じられたとしたらワイヤーが深くかかり過ぎているということなので、一度止めて浅く掛け直してから再度処置を進めていきます。従来の内視鏡で問題となっていた、内視鏡を入れる時にスコープによって腸が伸ばされることで感じる痛みや、腸が空気でいっぱいになって生じる張りについても、当院では大腸に大量の空気を入れる代わりに少しずつ水を入れてスムーズにスコープを進める「水浸法」を導入しているため、ほとんど苦痛を感じない方が大半です。

大腸ポリープ切除の費用

大腸ポリープの治療は健康保険適用の対象になります。治療費は3割負担の方で以下の通りです。
こちらはあくまでも目安ですので、詳しくはお問い合わせください。

初診時(初診料) 3,000~4,000円
大腸内視鏡検査のみ 5,000~6,000円
内視鏡によるポリープ切除 18,000円

なお、70歳以上の方は一般に医療費が1割負担であるほか、外来の高額療養費の自己負担限度額が12,000円(月額、一般所得者に該当する場合)と保険制度で定められています。大腸内視鏡によるポリープ切除手術を受ける場合、12,000円を超える金額は保険でカバーすることが可能です。

手術の流れ

1初診時

問診と診察を行い、検査について詳しい説明をさせていただいた後、手術日を決定します。下剤を処方し、使用方法をお伝えいたします。自治体の便潜血検査で陽性が出てご相談に来る方の例では初診にかかる時間は30分程度です。

2手術当日

自宅で朝から下剤を服用し、午前11:30頃に来院していただきます。特別な持ち物は必要なく、通常の外来診療の感覚で来ていただいて問題ありません。午前診療が終了した午後1時頃に検査を行い、ポリープが見つかった場合は切除します。30分程度で終了し、1時間ほど休んでいただいた後にご帰宅となります。

3手術後

1週間後にご来院いただき、病理結果などを説明します。診察は15分程度で終了します。

手術後に気をつけていただくこと

術後しばらくは安静を心掛け、激しい運動やお腹に力の入るような力仕事などはお控えください。消化がよい食事を心掛け、刺激物や煙草、アルコールを避けていただくことをお願いしています。便に血が混じっていたり、お腹の痛みが長く続いたり、発熱があったりした場合にはすぐに当院にお知らせください。術後の過ごし方については、DSコーディネーター(日帰り手術専門の看護師)からも丁寧にご説明いたします。日帰り手術を受けていただいた方には執刀医である院長自身の電話番号をお伝えしており、24時間体制でアフターフォローをしております。何か心配なことがあった時にはいつでもお電話ください。

大腸ポリープについてのQ&A

Q
健康診断の便潜血検査で2回のうち1回が陽性でした。もう一度検査を受けた方が良いですか。
A

便潜血検査で1回でも陽性になった方は大腸がんの可能性が否定できないため、便潜血検査をやり直すよりは大腸内視鏡検査を受けることをおすすめします。もちろんがんが判明するケースは非常にまれですが、内視鏡検査を受けたおかげでポリープが見つかり早期の切除ができた方が多数いらっしゃいます。

Q
血便がありましたが、原因が痔か大腸ポリープか、どのように判断できますか。
A

鮮血が飛び散るように混じる便であれば痔の可能性が高くなりますし、胃潰瘍など上部消化器官に原因があれば鉄が混じった黒い便が出る場合があります。さまざまな可能性を念頭に置いた上で診察を行いますので、排便に異常があった時には一人で悩まずに早めにご相談ください。

Q
再発はありますか。
A

大腸ポリープにはできやすい体質というものがあり、一度ポリープを切除された方はまた新しいポリープができる可能性が否定できません。また、大腸は長く屈曲が多いため小さなポリープはどうしても見落としてしまう危険があることからも、大腸ポリープを切除された方には定期的に大腸内視鏡検査を受けることをおすすめしています。

  • 日帰り手術専用相談メール
  • 手術を受けられた患者様の声

お身体に
悩みを感じたら
お気軽にご相談ください

診療時間 8:00~12:00/15:30~19:00 TEL:059-371-6800 木曜・土曜午後・日曜・祝日休診  木曜は訪問診療
contact_tel_sp.jpg