経鼻内視鏡(胃カメラ)・大腸内視鏡について

経鼻内視鏡(胃カメラ)による胃の検査

胃カメラというと口から入れのが一般的でしたが、内視鏡自体を細くする技術が進んで、鼻からでも内視鏡を挿入することが可能になりました。当院では鼻から入れる経鼻内視鏡を県内初で導入しており、それ以来、主に鼻からの検査を行っています。鼻から入れる内視鏡は管が舌の付け根に触れずに食道や胃に到達するため、口から入れる内視鏡と違って「オエッ」と感じる咽頭反射が少なく、苦痛の少ない方法です。カメラを入れたまま医師と会話を交わしたり、モニターに映し出される映像を見ながら質問をしたりすることもできます。一部に鼻が狭く入りにくい場合は口から入れることも可能です。その場合も径が細いので楽に行えることができます。口から鼻からなどにこだわる事無く、患者さま一人ひとりに合わせて柔軟に検査方法を選択しています。

経鼻内視鏡(胃カメラ)の検査でわかる病気

経鼻内視鏡(胃カメラ)検査では食道・胃・十二指腸のさまざまな病変を発見することができます。胃がん・食道がん・十二指腸がんなどのがん、胃潰瘍・十二指腸潰瘍などの潰瘍、 胃ポリープ・十二指腸ポリープなどのポリープ、急性や慢性の胃炎、逆流性食道炎、ピロリ菌感染症などの消化器系の病気の診断に役立ちます。胃痛や胸焼け、吐き気の症状がある場合にはもちろん、特に気になる症状のない方も定期的に経鼻内視鏡による検査を受けることをおすすめしています。

大腸内視鏡による腸内の検査

大腸内視鏡検査は、肛門から内視鏡を挿入して盲腸までの大腸(と小腸の一部)を直接観察する検査です。特に、近年日本人に増えつつある大腸がんの早期発見と早期治療のために、大腸内視鏡はなくてはならない検査です。大腸ポリープなどがあり、それが成長していく過程で発生えします。早めのポリープの段階で内視鏡で取り除いてしまえば進行がんになる芽を摘むことができます。胃のポリープががん化することはそれほど多くありませんが、大腸のポリープは見つけ次第切除して大腸がんに進行させないことが大切です。大腸がんや大腸ポリープはほとんど自覚症状がなく、逆に症状が出た段階で見つかるとかなり進行した状態に至っていることが多いとされています。自治体では大腸がん検診として便潜血検査が行われています。便潜血で陽性にでた場合は、それを機会に一度は大腸内視鏡検査を受けることをお勧めします。また痔があるかたでも、大腸癌が合併している可能性もあり、一度は検査を受けることが推奨されます。

大腸内視鏡の検査でわかる病気

大腸内視鏡による検査では大腸がんとその前段階にあたる大腸ポリープ、クローン病、潰瘍性大腸炎、大腸憩室症などの有無を調べることができます。ごく初期の大腸がんやポリープが見つかった場合は、検査をしながら切除することが可能です。便潜血の検査でも見つけられない早期のがんを発見できる可能性があるため、特に大腸がんのリスクが高くなる40代以上の方は定期的に大腸内視鏡検査を受けておくと安心です。

「水浸法」による苦痛の少ない大腸内視鏡検査

当院で行う大腸内視鏡検査では「水浸法」という方法を取り入れています。これは、新宿大腸クリニック後藤利夫先生らが考案された方法です。即ち、一般の大腸内視鏡検査では検査用スコープを入れる際に大腸に空気を吹き込み、スコープを挿入していきますが、水浸法では空気の代わりに少量の水を入れ、できるだけお腹を膨らませないように検査を進めます。スコープの先端から少しずつ水を出しながら視野を確保しつつ挿入することで腹満感が少なく、水により摩擦が減り、さらに浮力を利用することで、スコープが腸内を滑らかに進んでいきます。検査中や検査後にお腹の張りや痛みを感じることをできるだけ少ないように心がけています。今まで大腸内視鏡検査にためらいや抵抗感のあった方も気軽に受けていただけます。

早期発見の大切さ

  • 経鼻内視鏡(胃カメラ)の検査

    近年注目されているのはピロリ菌の感染の有無の確認です。ピロリ菌が感染した胃では慢性胃炎や胃潰瘍、胃がんの発生頻度が増えたり、潰瘍の再発の危険性が高まったりする点が指摘されていますが、ピロリ菌の除菌をすることでそれらの病気の発生や再発の可能性を抑えることが期待できます。さらに最近の研究では「日本人の胃がんの99パーセントはピロリ菌によるものである」との説もあり、ピロリ菌の除菌によって症状の改善やがんの予防を図るためにも、まずは経鼻内視鏡によってしっかりと検査を行い、早期の対処を心がけることが大切です。現在ではピロリ菌の検査を助成の対象とする自治体も増えてきています。なお、鈴鹿市では45歳から60歳まで5年おきに胃がん検診の助成を受けられ、希望者には胃がんリスク評価(ABC検診)の実施も可能なので、是非活用することをおすすめします。

  • 大腸内視鏡検査

    大腸がんの早期発見には便潜血反応検査とこの大腸内視鏡検査が基本です。検査にて大腸ポリープができていても、小さいうちに取ってしまえばそれで終わり、患者さまへの負担も少なく済みます。ポリープを放置していて大きくなってから切除すると出血を伴ったり、腸に穴が開く腸管穿孔という状態を招いたりする可能性があります。ポリープが多数できる体質の方などは、特に、ポリープはみつけ次第切除することが推奨されます。また切除後も定期的に検査を行い、再発がないかなど診ていく事が大切です。

  • 日帰り手術専用相談メール
  • 手術を受けられた患者様の声

お身体に
悩みを感じたら
お気軽にご相談ください

診療時間 8:00~12:00/15:30~19:00 TEL:059-371-6800 木曜・土曜午後・日曜・祝日休診  木曜は訪問診療
contact_tel_sp.jpg