痔について

痔とはどのような病気か

痔と聞くと恥ずかしい病気というイメージがありますが、「3人いれば痔主が1人」との言葉もある通り、老若男女問わずかかる非常にポピュラーな疾病です。肛門周辺の病気を総称して「痔」と呼んでおり、痔の三大疾患として「痔核(いぼ痔)」「痔瘻(穴痔)」「切れ痔(裂肛)」があります。治療方法は症状や進行度によって異なり、初期であれば軟膏で対応できる場合もあります。進行した痔に対しては、ジオン注射だけで治療する方法や、ゴム輪による結紮法、PPH(直腸粘膜環状切除)、シートン法などから最適な方法を選んで治療を進めます。日帰り手術ですので、人に知られることも少なく、手術中や術後の痛みも少ない様に工夫をしています。肛門周囲の腫れや痒み、排便時の痛みや出血などがありましたら、できるだけ早めに診察を受けることをおすすめします。

主な痔の種類(タイプ)について

  • 痔核(いぼ痔)

    肛門周辺の粘膜の下には静脈が集まったクッションのような部分があり、そのクッションを支える組織が引き伸ばされて腫れ上がり出血を起こす状態が痔核で、痔の中でもっとも多いといわれています。肛門の中の皮膚と直腸粘膜の境界線を歯状線といい、歯状線より上の直腸粘膜にできるものを内痔核、下にできるものを外痔核を呼びます。内痔核が大きくなり、それを支える組織が弱くなると、肛門から脱出する(脱肛)こともあります。便秘などで長い時間強くいきんだり、同じ姿勢を長時間取り続けて肛門に負担がかかると起こりやすいといわれています。女性の場合は妊娠や出産が原因になることもあります。

  • 痔瘻(穴痔)

    粘膜と皮膚の境目である歯状線には肛門陰窩と呼ばれる小さなくぼみがありますが、その部分に下痢便などから細菌が入ると炎症を起こすことがあり、肛門の周りに膿が溜まったのが肛門周囲膿瘍という状態になります。さらに炎症が進行して、膿瘍が肛門周囲の皮膚に広がって排膿されても、直腸と肛門周辺の皮膚の間にトンネル状に繋がった状態が痔瘻です。肛門周囲膿瘍では発熱や腫れ痛みなどが著明です。排膿されて痔瘻に至ると痛みや腫れ、発熱は軽快しますが、下着に膿みの付着がついたりして、長期に放置すると癌化する事もあります。痔瘻になると手術でないと治癒しません。

  • 裂肛(切れ痔)

    便秘のために硬い便を無理に力んで出そうとした時に、便が肛門粘膜を傷つけると痛みや出血を起こします。慢性化すると肛門が狭くなってしまうことで便秘になり、硬い便が原因で再度切れてしまうという悪循環が起こり、ますます裂肛の症状が悪化します。慢性化すると患部周辺に肛門ポリープや見張りいぼ(切れ痔の傷口が炎症を起こして出る突起物)ができます。早めの治療が大切です。

痔になりやすい方

長い時間座ったままで肛門が圧迫されることが大きな原因となること以外に、便通が不規則な方や便秘の方、逆に下痢の方など、排便の異常があると痔になりやすいといえます。便秘を招くような繊維質や野菜の少ない食事が多い方は注意が必要です。トイレに長時間座る習慣のある方も多いですが、3分以上いきむことは痔にとって良くないとされています。腸のあちこちに潰瘍を起こしてしまうクローン病をお持ちの方は痔瘻も起こりやすいですが、その場合はまずクローン病の方を治す必要があります。

痔を放置すると

「病院に行くのは恥ずかしいから」「それほど困っていないから」と痔の治療を受けずにそのまま放置していると、初期のうちに対処していれば軟膏や注射などで簡単に治せた痔も、次第に進行していきます。進行した分当然治りにくくなり、外科手術などのさらに大掛かりな治療が必要になるケースも少なくありません。また「肛門からの出血を痔だと思い込んで何も対処せずにいたら後から大腸がんが判明した」ということもありえます。気になる症状がある時には放置せずに早めに診察を受けることをを薦めします。

  • 日帰り手術専用相談メール
  • 手術を受けられた患者様の声

お身体に
悩みを感じたら
お気軽にご相談ください

診療時間 8:00~12:00/15:30~19:00 TEL:059-371-6800 木曜・土曜午後・日曜・祝日休診  木曜は訪問診療
contact_tel_sp.jpg