クリニックブログ

2018.04.07更新

鼠径ヘルニア術後の再発、再々発の検討では、①BMI高値、②内鼡径ヘルニア、、③両側鼡径ヘルニア、④再発症例 が再発率を上げる因子で注意との事でした。また、術後慢性疼痛を減らす取り組みや、術前の腹臥位CT検査の有用性の報告でした。また昼のランチョンセミナーでは、東京慈恵医大外科 三澤先生からの『層をまたぐ新術式ONSTEP法』がありありました。こを術式は、手技が簡便で、手術時間も短縮されるとこ事で、特に内鼡径ヘルニアに有効かと感じました。

 

20180407

投稿者: 医療法人鈴鹿クリニック

2018.04.01更新

【血栓性外痔核と皮垂の治療】のテーマでした。血栓性外痔核は、普通、保存的治療。腫脹、疼痛、出血がひどければ、外科的治療ですが、その中でもバイポーラ・メッチェンでの切離が参考になしました。

12

 

投稿者: 医療法人鈴鹿クリニック

2018.03.18更新

大阪での甥の結婚披露宴の後、Willerの夜行バスで東京へ来て京王プラザホテルにて朝8時からの学会に出席しました。

当日は、痔核手術の話題で、ビデオセッションが中心でした。

自院では、内痔核は、殆どはALTA療法±分離結紮(全周性で脱肛がひどい場合はPPH)としておりますが、

今回は、これらに、以前から存在する結紮切除術も含め、ALTA療法±分離結紮の確認ができました。

 

3

投稿者: 医療法人鈴鹿クリニック

2018.03.03更新

 3/3 ANAホリデイ・イン金沢スカイホテル(旧金沢スカイホテル)にて

福井県立病院外科道傳研司先生の司会の下、『肛門皮垂の治療』についての話題でした。

JR特急しらさぎ7号金沢行で大凡3時間、雪国の景色を見ながらの旅路でした。

 特に参考になりましたのは、(演題発表後、懇親会の前に個人的にお教え頂いたのですが)

渡邊医院(京都市上京区)渡邊賢治先生の皮垂の手術法でした。

直接お教え頂きありがとうございました。

 また、会全般におきましてな、普段、若い女性が気にされる一般的な狭義の皮垂から、

血栓性外痔核や内痔核に伴う皮垂、裂肛に伴う皮垂、更には術後に合併する皮垂など

肛門疾患全般に渡る話題となりました。

12

投稿者: 医療法人鈴鹿クリニック

2018.02.17更新

第111回近畿肛門疾患懇談会に参加して参りました。温水便座症候群(ウォシュレット症候群)に対して、国内のメーカーが対策を検討中との事。温水洗浄は3秒以内が推奨。クローン病の肛門病変の診断に皮垂の病理が参考になる事。直腸に便がないのに怒責をかける事が内痔核の原因になりえ、排便は2~3分は無理としても5分以内が推奨など勉強して参りました。12

投稿者: 医療法人鈴鹿クリニック

2018.01.29更新

平成15年1月に開院以来、今年平成30年で15年となり、ホームページをリニューアルしました。宜しくお願いします。

投稿者: 医療法人鈴鹿クリニック

お身体に
悩みを感じたら
お気軽にご相談ください

診療時間 8:00~12:00/15:30~19:00 TEL:059-371-6800 木曜・土曜午後・日曜・祝日休診  木曜は訪問診療
contact_tel_sp.jpg