クリニックブログ

2022.05.16更新

肺炎や肺腫瘍の検出。鼡径ヘルニアを含めた腹部のCT、頭部病変など、更に高画質、短時間の撮影が可能になりました。

 

Alexion

投稿者: 医療法人鈴鹿クリニック

2022.02.20更新

【お家で聞ける!第2回下肢静脈瘤市民公開講座オンライン】が4/10午前10:00~11:00時に予定されてます。ご興味のある方はご覧下さい。

https://secure.medtronicinteract.com/endovenous_shiminkokai_202204

 

20220410VarixSeminer

投稿者: 医療法人鈴鹿クリニック

2021.12.31更新

 

http://xn--1rw8mxp.com/archives/39404672.html

http://daicho-clinic.com/collaboration.htm

をご覧ください。suisinnhou bulog

投稿者: 医療法人鈴鹿クリニック

2021.12.30更新

先日(12/19)、井上正康先生(大阪市立大学名誉教授、鈴鹿医療科学大学客員教授)のセミナーで、雑誌Cellに掲載された大阪大学微生物病研究所荒瀬教授の抗ADE(抗体依存性感染増強)抗体の事が気になっていましたが、その日本語の要約を見つけました。
https://www.amed.go.jp/news/release_20210525-02.html
この最後の文『感染増強抗体の認識部位は現行のワクチン抗原にも含まれている。従って、感染増強抗体の産生を誘導しないワクチン抗原を開発することが望ましい』が特に気になりました。

 

Cell Arase  ADE

投稿者: 医療法人鈴鹿クリニック

2021.12.20更新

医療技術セミナー スキルアップ【ワクチンの全貌とコロナ禍終息の処方箋】
井上正康先生(大阪市立大学 名誉教授/健康科学研究所・現代適塾)に参加しました。
コロナに対しての重要な示唆でした。

 

 

井上正康先生 早川 写真

 

井上正康先生セミナー広告

投稿者: 医療法人鈴鹿クリニック

2020.10.02更新

下肢静脈瘤塞栓術(接着剤グルー治療)はアレルギー体質でなく、弾性ストッキングが履きにくい方などにお勧めです。

Certificate of Achievement20200930

投稿者: 医療法人鈴鹿クリニック

2020.04.30更新

【入り口での 滅菌スリッパ と アルコール消毒】

room1

【アルコール消毒】

room2

【広めの待合室で、間隔確保】

room3


room4

【受付の透明アクリルシート と 広めの待合室】

room5

投稿者: 医療法人鈴鹿クリニック

2019.09.07更新

診療は休診にして、午前に鼡径ヘルニア手術と大腸内視鏡検査を終えて、直ぐに出発。新幹線で、広島駅を降りてすぐの広島県医師会館(広島放送局の直ぐ隣)にて開催。内痔核の形態によるabc分類、肛門不定愁訴の神経因性骨盤臓器症候群、膿皮症(化膿性汗腺炎)のHurley病期分類など勉強になりました。

20190907

投稿者: 医療法人鈴鹿クリニック

2019.06.03更新

5/25土、第17回日本ヘルニア学会学術集会(四日市都ホテル)に出席してきました。術後神経痛の話題があり、当院も同話題にて発表してまいりました。 

 

20190525

投稿者: 医療法人鈴鹿クリニック

2019.05.05更新

平成31年4月末、診療が終わった翌日、自分自身の鼡径ヘルニア日帰り手術を受けてきました。
手術前は、ほぼ空腹で受診。やや緊張しましたが、麻酔で寝入り、目覚めると手術は終わっていました。
2時間程休んで電車で帰宅。術当日夜に麻酔が切れてきて、痛みが出始めたので鎮痛剤内服して休んでいて軽減しました。
術翌日は連休でもあり自宅療法。術後2日目は半日ほど仕事をして、術後3日目からは略普通の仕事は出来る感じでした。
以後も日にちの単位で軽快し、現在術後1週間です。平成2年に既に反対側の鼡径ヘルニア手術を入院で受けた既往があり、その際は腰椎麻酔で、翌朝まで下半身麻痺の様な状態で、排尿もベッドで行ったと記憶しています。平成の最初と最後、略30年を経て左右の鼡径ヘルニアを自分自身で経験出来ました。普段、鼡径ヘルニア手術を行っている身ですが、これで、更に、患者さんの気持ちが理解できるようになったと思います。また、鼡径ヘルニアの手術は、入院するまでもなく、日帰りで充分OKだと実感しました。

 

投稿者: 医療法人鈴鹿クリニック

前へ

お身体に
悩みを感じたら
お気軽にご相談ください

診療時間 8:00~12:00/15:30~19:00 TEL:059-371-6800 木曜・土曜午後・日曜・祝日休診  木曜は訪問診療
contact_tel_sp.jpg